Question

Question

スタートやタスクバーからEdgeが消えてしまいました Microsoft Edgeがスタート画面やすべてのアプリ、タスクバーから消えてしまいました。元に戻すにはどうしたらいいですか。

Question

Question

次の方法で方法でMicrosoft Edgeを修復(再登録)してください。

Windows UpdateによるMicrosoft Edgeの更新時に症状が発生することがあります。ただし、アイコンやタイルが消えてもコンピューター上からEdgeが完全に削除されている訳ではありません。症状発生時には、PowerShellを使ってMicrosoft Edgeを再登録するか、Internet ExplorerからEdgeを呼び出しピン留めし直すかのどちらかで修復してください。



STEP1 : AppDataフォルダーへ再登録する


① デスクトップ画面左下の スタートボタンを右クリックします。


② 表示されたメニューの中から[WindowsPowerShell(管理者)]をクリックします。


③ ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。


ユーザーアカウント制御 はいをクリック

④ 「Windows PowerShell(管理者)」画面が表示されたら次のコマンドを入力してEnter キーを押します。(改行せずに続けて入力してください)


cmd /c ren %USERPROFILE%\AppData\Local\Packages\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe.old


Powershell画面 コマンド入力後にEnter

⑤ 続けて次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。(改行せずに続けて入力してください)


Get-AppXPackage -AllUsers -Name Microsoft.MicrosoftEdge | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register “$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml” -Verbose}


Powershell画面 コマンド入力後にEnterを押す

以上で操作完了です。スタートメニューのアプリ一覧にMicrosoft Edgeのアイコンが追加されていることを確認してください。(必要に応じてタスクバーやスタートメニューへピン留めしてください)